諏訪大社と諏訪神社トップ / 下社雑学メニュー /

秋宮の御神木

秋宮境内図 写真は空撮でもしない限り不可能で、さりとてイラストは自分にとってはもっと無理という秋宮の社殿配置。そこで最も安易な、境内にある案内図に登場してもらいました。
 下社は春宮・秋宮共に、下(手前)から神楽殿・御柱・幣拝殿・御宝殿・御神体・御柱と配置が一直線に並び、何らの説明もいりません。
 最奥中央にあるのが「御神木」である「イチイ(一位)」の木です。


御神木はイチイの木

秋宮御宝殿 格子の間から御宝殿を観察していると、背後からその説明が…。振り返ると、ボランティアの案内人でした。多分自分の方が詳しいとの自負を押し込み、素直に聞き入りました。

 その中で、両宝殿の後方にあるのが「御神体」と教えられました。御宝殿の中に御魂代が安置してあるというのが私の知識でしたから、本や資料からでは知り得ない情報は多々あると、当分の間「自負」を胸の奥に収めておくことにしました。
 写真は右片拝殿側から撮ったもので、千木の背後にそびえているのが秋宮の御神体です。写真で見る限り枝打ち等の手入れはしていないようです。

 ここで「神体とは、神木とは」という素朴な疑問が…。三輪磐根著『諏訪大社』から〔下社秋宮〕の一部を転載しました。

当社は本殿をもたない社として知られているが、上社が山であるのに対して、下社では春宮は杉、秋宮は一位(いちい)の木を神木としている。

 宝殿内の御魂代(御神体)が遷座する現実がありながら、「御神体は神木」という書き方です。何か腑に落ちませんが、原初は、その木が礼拝の対象だったと理解することにしました。